コンプレックスはたくさんあります

お金を掛ければどうにかコンプレックスも解消されることもあるのですが、お金を掛けても治せないことというか多額をつぎ込まないとどうにもならないコンプレックスって一体どうしたらいいんでしょうか・・・

毛深いのも嫌だったのですが、それは脱毛に通って今はほとんど自己処理をしなくてよくなっています。(ちなみに私が通ったのは医療レーザー脱毛が安いクリニック

だからと言って私のコンプレックスがなくなったわけではありません”(-””-)”

脚が太くて、ちびでぽっちゃり。
なのに肩幅が広く、手足が短い。
肩幅が広いのは顔が小さく見えて、悪くは無いのですが、これでもっと腕が長ければいいのにと思います。

小さい頃から、なんとなく締まりのないぽっちゃり体型。
脂肪の多い料理を雑に作る母の影響もあると思いますが、私ほど母は太っていません。
ちょっと食べただけで、下腹ぽっこり。
すごいデブまでいかないけれど、お世辞にも痩せているとは言えません。

少し食事を減らしたり、抜いたりのダイエットをすると、まっさきに顔に現れます。
頬がこけて、顔だけダイエットしたぞ!という風になる。
体はなかなか痩せないのに。

一番ひどいのが脚。
全体が太く、短く、膝が大きいうえにお肉がたっぷりついています。
若い頃は結構気にして、毎日のように足首からひざに向かって脚をマッサージしたり、メディキュットの引き締め靴下を寝る時に履いたりして。
いくらか効果はあったのかもしれませんが、見た目にそれほど変わらず、やらなくなってしまいました。

脚の骨がもともと太くて短いんだ。どんなにお肉が取れてなくなっても、私の脚は
そういう構造なんだ。
と、投げやりになり、面倒くさくなって、脚の為に何もしなくなってしまいました。

細くて長い脚の人がうらやましい。
顔がぶすでも、スタイルが良いほうが絶対にいい。

スタイルの悪さは、なかなか矯正がききません。
顔なら、いくらかいじってもいいかもしれない。でも、脚や腕の構造を直すのは難しい。

ヒールの高い靴を履くと、幾分かスタイルを良く見せてくれます。
でも、子供を産んでからというもの、ヒールを一切履かなくなりました。
というか、もう履けません。転びそうで。

決して女を捨てたわけではありません。
自分を素敵に見せるよりも、機能性重視のスタイリングに力を入れているだけ。

スキニ―パンツで脚を隠し、周りの人にはこの太い脚をお見せすることはありません。迷惑かけていないから、別にいいでしょ。

角遊びに遊びまくってた学生時代

学生時代は、兎に角遊びに遊びまくっておりましたから、すぐにお金が無くなってしまい、困ることがしばしばありました。

飲み会はもう行かない訳にはいきませんので、必ず3,000円から5,000円は、使ってしまうのです。そしてボーリングもよくいきましたので、結構平気で手元にあるお金をあるだけ使っておりました。

こうしてすぐになくなってしまうお金を手に入れようと、パチンコ屋さん通いするのです。勝った時は、もうこれで2~3日は、ホッと一安心で、また平気で次の飲み会に行ってしまいました。

手元にあるお金は、じっとしている事なんて、絶対にありえなく、また底がついたら、パチンコ屋さん通いになるのです。大きく勝った後は、もうご満悦状態で贅沢をしてしまう事を繰り返しておりました。

勝ち続けている時は、結構先の事も考えずに、何故か余裕を持っていたように思います。

問題は、何度となくやってくる金欠に、それをまかなう手段がパチンコと言う悪循環で、大学の授業の合間の余興を楽しむためにパチンコ屋さんに行っているのか、パチンコ屋さん通いのついでに大学に行っているのか、もうさっぱり訳が分からないくらい、入り浸っておりました。

そして問題は、負けてしまった時です。小さく負けた場合は、憂鬱な気持ちを引きずったまま、明日の勝負にかける気持ちで、早く明日が来てほしいと、よく思っていた記憶がまざまざと呼び起こされてまいります。

そして、ドツボの大負けをしたときは、もうパニック状態です。帰る電車賃もなくなってしまい、仕様がなく、遠い何駅もあるような距離を、がっくりしながら歩いて帰った事もたびたびでした。

結局明日の食費もなく、友達に頭を下げる情けない状態でした。

さすがにこのままだとダメだと思い、アルバイトする事にしましたよ。私が働いたバイト先は、ゲームセンターのアルバイトです。

学校の近くで、よく遊びに行く場所だったんですが、ちょうどバイトの募集が出ていたので勢いで働き始めました。 何だかんだで2年間も働く事になり、それからはお金に困らない学生生活を送れるようになりましたよ。