東京アヴァンギャルド 解散のお知らせ

2017年3月末をもちまして、東京アヴァンギャルドは解散することとなりました。

今まで応援していただいた皆様、誠にありがとうございました。

綾瀬、丸沢から皆様にメッセージです。


東京アヴァンギャルドは2017年3月末をもって解散します。今まで本当にたくさんの方々に支えていただきました。応援してくださった全ての人に感謝の気持ちを伝えたくて、今、この文章を書いています。今書いておかないと、自分でも忘れてしまいそうな東京アヴァンギャルドの歴史も一緒に。

2010年11月、コンビで初めてお笑いライブに出ました。初めてのお笑いライブは滑りすぎてトラウマにならなかったのが不思議なくらいでした。そこから、ライブに出続けて、たまに1位をとれるようになりました。単独公演もやり始めました。2012年5月、トゥインクル・コーポレーションに所属しました。芸人の先輩ができました。強烈でした。2013年12月、Podcast「まるまるめろめろ」を配信し始めました。ワクワクしました。2014年4月、Eテレ「NHK高校講座・生物基礎」のレギュラー出演が決まりました。びっくりしました。2016年、キングオブコントとM-1とR-1で2回戦に行けました。本当に本当に嬉しかったです。

これが、コンビとしての東京アヴァンギャルドの6年半の簡単な歴史です。

ぐぐぐっと時間をさらに戻してみます。私が大学を卒業した翌年の2007年2月。もともと演劇をやっていた私は、どうしても舞台を続けたくて、自分で脚本を書いて公演をうつことにしました。その時に作った劇団のようなものが東京アヴァンギャルドでした。阿佐ヶ谷の喫茶店で1人で構想を練っている時、とっても楽しかったのを覚えています。あの時、私の頭の中にだけあった「東京アヴァンギャルド」というものが、どんどん現実の世界で立体になっていくのが、嬉しかった。

あれから10年。綾瀬マルタのいろんなものを詰め込んだ東京アヴァンギャルドを終わらせることにしました。10年は、やっぱり、長かったです、笑。アッと言う間なんかじゃなかった。いっぱい、辛いことも苦しいこともありました。そのぶん、出会えた人たちの温かさは、何ものにも代えがたい宝になりました。心から、ありがとう。

私はこれからも芸人を続けていきます。ネタを作って、舞台に立つ、という意味では、今までと変わらないです。

でも、1つの区切りとして、いったん終了です。

相方の丸沢くん、最後まで生理的にムリなタイプだったけど、ありがとう!
東京アヴァンギャルドを影で支えてくれたスタッフさん、ありがとう!
芸人仲間、同期、先輩方、ありがとう!

そして、何より、ライブを観に来てくれたあなた、ネタが好きって言ってくれたあなた、まるめろリスナーさん、生物基礎を観てくれた全国の高校生、、、東京アヴァンギャルドを好きになってくれた全ての人、本当にありがとう!東京アヴァンギャルドを見つけてくれて、ありがとう!

綾瀬マルタ


大学卒業して一年くらいたった頃、演劇部同期のマルタさんが1人で劇団を旗揚げしました。

名前は「東京アヴァンギャルド」

その時丸沢は客演として参加。
マルタさんと客演3人の合計4人、高円寺の小さなカフェで行ったのが東京アヴァンギャルドの旗揚げ公演でした。

二回目の公演があるからまた客演で出ないかと言われ、丸沢快諾。
「今度は何人くらいでやるの?」
と聞いたら

「2人だよ?」

「えっ?」

それからメンバーが増えることはありません。
男女コンビ 東京アヴァンギャルド 的なものができあがった瞬間でした。

10年前のあの日、客演を断ってたら、今の東京アヴァンギャルドは無かったんだな。
そう思うと、なんだかびっくりしてしまいます。

「オンバト+」に出て、敗者コメントを言う。

ものまねをしてテレビに映る。

教育番組への出演。

どれもあの頃は想像すらしていなかった。
相方が誘ってくれてなかったら見られなかった景色ばっかり。
解散はしますが、この世界に引っ張り込んでくれたマルタさんに本当に感謝しています。

長い間ライブに足を運んでくれたお客様!
東京アヴァンギャルドの活動を根底から支えてくれたT氏!
まるめろを楽しみに聞いてくれて、一緒に盛り上げてくれたリスナーのみんな!
テレビを見て知ってくれた視聴者の方々!

そしてなにより、
東京アヴァンギャルドを好きになってくれたみなさま!
本当に本当にありがとうございました!!

芸人活動、舞台活動、その他諸々いろんな活動続けていくので、よかったら引き続き応援してやってください。

もちろん2人とも!

これからもよろしくお願いします。

2017年3月 丸沢 丸