長く着ることができるデザイン※数十年先のこと考えた喪服選びをしよう

喪服選びでポイントにしたところは、長く着ることができるデザインであるという事です。結婚前に購入していた少し若い目のデザインの喪服は、少しサイズがきつくなってきたこともあり、ウエスト部分にリボンがついていることから、年齢を重ねると着ることができないと思い、思い切って購入することにしました。

百貨店や大型スーパーやネット通販など沢山のデザインと口コミを見て決める事にしました。ネット通販では自分の年齢とこれから先に着るであろう年齢を考え、デザインを絞り込みました。流行に流されない、そしてできるだけシンプルなデザインであることを重視することにし、ネット通販を参考に、百貨店や大型スーパーで選ぶ事にしました。

—参考にしたサイト—
30代のレディース喪服選び※年齢に合ったおすすめデザインは?

ネット通販では実際に見ることができるのは画像のみで、実際の生地や色合いを見ることが出来ない為、参考にするだけにしました。良い喪服というのは、漆黒であるという事を耳にしていたので、実際に見て触って着て決めることが大切だと思います。ネット通販などでは、沢山のデザインがあるという事がメリットですが、長く愛用するものこそ、着用して決めることをお勧めします。

礼服販売コーナーに何度も足を運び、見た目に気に入ったデザインのものを着てみてわかった事は、メーカーによって若干サイズ感がかわってくるという事でした。長く愛用するために、普段の服のサイズよりもワンサイズ大きいサイズのものを選び、スカートの丈も、膝ぎりぎりではなく、少し年齢がいってもおかしくないように少し長めのスカート丈にしました。

テーラーカラーのものは定番なので長く愛用できるかと思いましたが、サイズが変わってしまった時、ウエストのボタンが閉まらないというようなことにならないように、上部をホックで止めるだけのノーカラーのシンプルなデザインのものを選びました。ワンピース型なので太ってしまってウエストが閉まらないという事がなく、締め付けないデザインなので長く着ることができるものを購入できて満足です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です